logo

フォトレポート:超高解像度でとらえた「青い火星」

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年09月14日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)は2週間ほど前から、1500枚以上の火星表面の新しい画像を公開している。これらは、火星探査機「Mars Reconnaissance Orbiter」に搭載されたHigh Resolution Imaging Science Experiment(HiRISE)カメラで撮影されたものだ。切り抜かれた詳細な画像を次々に眺めていると、太陽系でわれわれの隣にある惑星の、印象的でしばしば抽象的でもある画像のアートギャラリーを散策しているような感覚を覚えずにはいられなかった。

 NASAの簡潔な見出しによると、この画像はTerra Tyrrhena Knobの高温鉱床の可能性があるという。

 米航空宇宙局(NASA)は2週間ほど前から、1500枚以上の火星表面の新しい画像を公開している。これらは、火星探査機「Mars Reconnaissance Orbiter」に搭載されたHigh Resolution Imaging Science Experiment(HiRISE)カメラで撮影されたものだ。切り抜かれた詳細な画像を次々に眺めていると、太陽系でわれわれの隣にある惑星の、印象的でしばしば抽象的でもある画像のアートギャラリーを散策しているような感覚を覚えずにはいられなかった。

 NASAの簡潔な見出しによると、この画像はTerra Tyrrhena Knobの高温鉱床の可能性があるという。

提供:NASA/JPL/University of Arizona

 米航空宇宙局(NASA)は2週間ほど前から、1500枚以上の火星表面の新しい画像を公開している。これらは、火星探査機「Mars Reconnaissance Orbiter」に搭載されたHigh Resolution Imaging Science Experiment(HiRISE)カメラで撮影されたものだ。切り抜かれた詳細な画像を次々に眺めていると、太陽系でわれわれの隣にある惑星の、印象的でしばしば抽象的でもある画像のアートギャラリーを散策しているような感覚を覚えずにはいられなかった。  NASAの簡潔な見出しによると、この画像はTerra Tyrrhena Knobの高温鉱床の可能性があるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]