logo

フォトレポート:超高解像度でとらえた「青い火星」 - 13/16

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年09月14日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この茶色の画像は「南極の残留極冠の監視と変化検出」を示す。NASAによると、Mars Reconnaissance Orbiterはこれまでの2年半の稼働期間で、火星に関するほかの過去および現在のミッションをすべて合わせたよりも多くの火星のデータを地球に送信しているという。

 この茶色の画像は「南極の残留極冠の監視と変化検出」を示す。NASAによると、Mars Reconnaissance Orbiterはこれまでの2年半の稼働期間で、火星に関するほかの過去および現在のミッションをすべて合わせたよりも多くの火星のデータを地球に送信しているという。

提供:NASA/JPL/University of Arizona

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]