logo

クラウドに対する不安はぬぐえるか--「Windows Azure」エバンジェリストに聞く

文:Toby Wolpe(ZDNet UK) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年07月17日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが同社の開発およびホスティングプラットフォーム「Windows Azure」について、最初のサービス条件と料金体系を発表した。同社の開発者およびプラットフォームエバンジェリズム担当ディレクターであるMark Taylor氏に、ZDNet UKが話を聞いた。

 Taylor氏への質問は、リスクや障害回復力からインターオペラビリティまで、幅広い問題に及んだ。

--Azureは11月から利用できるようになりますが、利用価値があることを人々に納得させるために、Microsoftはこれからどのようなことをやろうとしていますか。

Taylor氏:2008年11月から、無料でAzureを使うことができるCommunity Technology Preview(CTP)プログラムを実施しています。2009年11月に商用化を開始するまで、無料で提供を続ける予定です。企業や組織はAzureにアプリケーションを置いて、どのように動作するかを確認することができます。世界中の非常に多くの企業が購入する前にAzureを試しています。

 11月からは従量課金制になりますが、これの良いところは、多額の先行投資を行う必要なしに、企業がアプリケーションをAzureに置くことができることです。予想使用量を把握してから、より本格的にAzureに移行することができます。

--Microsoftのマーケティング能力を存分に使って、Azureの利用を増やすように後押しした途端、予想以上にサービスの人気があると判明した場合、需要の急増に対処するためにどのような対策を講じる予定ですか。

Taylor氏:これまでに構築してきたアーキテクチャには、非常に大きな冗長性があります。われわれが考え付く限りの予想量に対して、われわれが示したサービスレベルを実現できると確信しています。データセンターとデータセンター内の能力を拡張し続けるための、積極的なプログラムも用意しています。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]