logo

iPhone、メーカー撤退、フィルタリング--2008年モバイル業界10大ニュース - (page 4)

永井美智子(編集部)2008年12月29日 10時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン、ついに全キャリアから発売

 端末面で特徴的だったのは、フルキーボードやPC並みのOSを搭載したスマートフォンが全キャリアから登場したこと。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルの4社から端末を発売するという離れ業を成し遂げたのが、HTCだ。

 同社の「Touch Diamond」「Touch Pro」という端末が各社から発売された。いずれもタッチパネルで操作でき、Windows Mobileを搭載している。Touch Diamondはダイヤモンド型のデザインが特徴で、Touch ProはQWERTYキーボードを搭載したモデル。

 ドコモは「HT-01A」「HT-02A」、ソフトバンクモバイルは「X04HT」「X05HT」という名称で2種類とも販売。KDDIは法人向けにTouch Proを「E30HT」として販売する。また、イー・モバイルはTouch Diamondを「S21HT」として発売。さらに、幅約42mmの「Dual Diamond」(S22HT)も投入する。

 W-ZERO3シリーズでスマートフォンの市場を切り開いてきたウィルコムは、W-ZERO3シリーズの集大成として、既存の携帯電話のようなデザインの「WILLCOM 03」を発売した。

 2009年にはGoogleが開発を主導している携帯電話向けOS「Android」を搭載した端末が日本でも販売されると見られており、引き続き注目のジャンルと言えそうだ。

関連記事

「E30HT」 KDDI初のスマートフォン「E30HT」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]