logo

iPhone、メーカー撤退、フィルタリング--2008年モバイル業界10大ニュース - (page 2)

永井美智子(編集部)2008年12月29日 10時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

端末メーカーの撤退相次ぐ

 携帯電話契約者の純増数が減り、市場が成長期から成熟期へと移る中で、市場からの撤退を決めた端末メーカーがいくつも出てきた。

 まず、経営再建中の三洋電機は携帯電話事業を京セラに売却した。京セラは4月1日に同事業を継承している。業界に衝撃が走ったのは、三菱電機の撤退だ。NTTドコモ向けの最新端末の開発を進めていたにもかかわらず、他社への事業売却ではなく撤退という選択肢を採った。携帯電話事業に従事していた社員は社内で再配置されたとのこと。ただし、「D」の遺伝子は消えることなく、端末の開発で協力していた富士通の最新端末「F-03A」に受け継がれている。

 同様の動きは海外メーカーにも表れている。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは日本向け端末の商品化見直しを進めており、ドコモの最新シリーズのラインアップにその名前はなかった。さらに世界最大手のノキアも日本国内での携帯電話販売を打ち切り、高級ブランド「Vertu(ヴァーチュ)」に注力する方針を打ち出している。

関連記事

「Nokia E71」 NTTドコモ、ソフトバンクモバイルから発売される予定だった「Nokia E71」。国内では幻の存在になってしまった

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]