フォトレポート:地球外生命体を探査--アンテナ42基の大望遠鏡網 - 7/17

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年01月06日 07時30分
 ATAは、カリフォルニア州北部にあるカスケード山脈の標高約5000フィート(約1524m)の所に設置されているため、冬には雪が降る。この写真は雪景色のアンテナ。現在では、主反射板とその前にある副反射板の間にある感度の高い受信機を保護するために、アンテナにはカバーが付いている。

 ATAは、カリフォルニア州北部にあるカスケード山脈の標高約5000フィート(約1524m)の所に設置されているため、冬には雪が降る。この写真は雪景色のアンテナ。現在では、主反射板とその前にある副反射板の間にある感度の高い受信機を保護するために、アンテナにはカバーが付いている。

提供:Allen Telescope Array

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]