フォトレポート:地上望遠鏡でも鮮明な天体画像を--米英の科学者が開発した新技術

CNET News.com Staff2007年09月05日 14時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パロマー天文台の200インチ望遠鏡からみたキャッツアイ星雲。上の画像は従来のもの。下の画像は「Lucky Imaging 」技術を使用したもの。Lucky Imaging技術とは、毎秒20枚の撮影が可能なハイスピードカメラを利用し、パーツごとに最も鮮明に映った画像を選び出して、1枚の画像に仕上げる技術のことである。
Scroll Right Scroll Left

 パロマー天文台の200インチ望遠鏡からみたキャッツアイ星雲。上の画像は従来のもの。下の画像は「Lucky Imaging 」技術を使用したもの。Lucky Imaging技術とは、毎秒20枚の撮影が可能なハイスピードカメラを利用し、パーツごとに最も鮮明に映った画像を選び出して、1枚の画像に仕上げる技術のことである。

提供:ケンブリッジ大学

 パロマー天文台の200インチ望遠鏡からみたキャッツアイ星雲。上の画像は従来のもの。下の画像は「Lucky Imaging 」技術を使用したもの。Lucky Imaging技術とは、毎秒20枚の撮影が可能なハイスピードカメラを利用し、パーツごとに最も鮮明に映った画像を選び出して、1枚の画像に仕上げる技術のことである。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加