logo

フォトレポート:地球外生命体を探査--アンテナ42基の大望遠鏡網

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年01月06日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カリフォルニア州北部のカスケード山脈には、レディングから車で約90分の所にハットクリーク電波天文台がある。この電波天文台には、アレン望遠鏡網(ATA)と呼ばれる電波アンテナの集合体があり、それらの電波アンテナが地球外知的生命体探査(SETI)プロジェクトのための世界初の専用望遠鏡を構成している。

 現在のところ、ATAは42基のアンテナから構成されている。1基のアンテナの直径は20フィート(約6.1m)。ATAは最終的に合計350基のアンテナから構成されることになり、集光面積が7万3000平方mあるプエルトリコの有名なアレシボ天文台よりも、2500倍広い範囲の宇宙を観測できるようになる。

 ATAは、SETIとカリフォルニア大学バークレー校天文学部の共同プロジェクトであり、Microsoftの共同創業者であるPaul Allen氏が主に資金を提供している。

 これは350基のアンテナから成る完全なATAを上空から見た想像図。

 カリフォルニア州北部のカスケード山脈には、レディングから車で約90分の所にハットクリーク電波天文台がある。この電波天文台には、アレン望遠鏡網(ATA)と呼ばれる電波アンテナの集合体があり、それらの電波アンテナが地球外知的生命体探査(SETI)プロジェクトのための世界初の専用望遠鏡を構成している。

 現在のところ、ATAは42基のアンテナから構成されている。1基のアンテナの直径は20フィート(約6.1m)。ATAは最終的に合計350基のアンテナから構成されることになり、集光面積が7万3000平方mあるプエルトリコの有名なアレシボ天文台よりも、2500倍広い範囲の宇宙を観測できるようになる。

 ATAは、SETIとカリフォルニア大学バークレー校天文学部の共同プロジェクトであり、Microsoftの共同創業者であるPaul Allen氏が主に資金を提供している。

 これは350基のアンテナから成る完全なATAを上空から見た想像図。

提供:Isaac Gary

 カリフォルニア州北部のカスケード山脈には、レディングから車で約90分の所にハットクリーク電波天文台がある。この電波天文台には、アレン望遠鏡網(ATA)と呼ばれる電波アンテナの集合体があり、それらの電波アンテナが地球外知的生命体探査(SETI)プロジェクトのための世界初の専用望遠鏡を構成している。  現在のところ、ATAは42基のアンテナから構成されている。1基のアンテナの直径は20フィート(約6.1m)。ATAは最終的に合計350基のアンテナから構成されることになり、集光面積が7万3000平方mあるプエルトリコの有名なアレシボ天文台よりも、2500倍広い範囲の宇宙を観測できるようになる。  ATAは、SETIとカリフォルニア大学バークレー校天文学部の共同プロジェクトであり、Microsoftの共同創業者であるPaul Allen氏が主に資金を提供している。  これは350基のアンテナから成る完全なATAを上空から見た想像図。

-PR-企画特集