フォトレポート:地球外生命体を探査--アンテナ42基の大望遠鏡網 - 2/17

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年01月06日 07時30分
 各アンテナには、直径20フィート(約6.1m)の主反射板が1つと、小型の副反射板が1つある。主反射板と副反射板の間には特殊な受信機があり、風雨から保護するために覆われている。アンテナは1秒間に約4度回転し、約1分で地平線から地平線へと向きを変えることができる。アンテナは2基1組で機能する。ATAの長所は、アンテナの組み合わせ数が多いことだ。ATAが拡大すれば、この組み合わせ数も大幅に増えることになる。

 各アンテナには、直径20フィート(約6.1m)の主反射板が1つと、小型の副反射板が1つある。主反射板と副反射板の間には特殊な受信機があり、風雨から保護するために覆われている。アンテナは1秒間に約4度回転し、約1分で地平線から地平線へと向きを変えることができる。アンテナは2基1組で機能する。ATAの長所は、アンテナの組み合わせ数が多いことだ。ATAが拡大すれば、この組み合わせ数も大幅に増えることになる。

提供:Daniel Terdiman/CNET News

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]