logo

フォトレポート:米陸軍FCS構想の成果--実現された未来の戦闘システム - 9/16

文:Jonathan Skillings(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年09月16日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 6月、陸軍は、これまでの成果を示し、引き続き資金を得るための活動の一環として、FCS兵器の大半を米政府に披露した。この写真に写っているのは、FCSの有人地上車両の1つである「XM1203」非直接照準式機関砲(NLOS-C)の試作車だ。この155mm自走榴弾砲は2人乗りで、完全自動システム、ディーゼルと電気のハイブリッドエンジンシステムが搭載されている。FCS計画の有人車両8両は、車体の設計を共通化して、製造と保守の簡素化、コストダウンを図っている。2010年までに、NLOS-Cの試作車8両がアリゾナ州ユマ性能試験場に搬送される予定。

 6月、陸軍は、これまでの成果を示し、引き続き資金を得るための活動の一環として、FCS兵器の大半を米政府に披露した。この写真に写っているのは、FCSの有人地上車両の1つである「XM1203」非直接照準式機関砲(NLOS-C)の試作車だ。この155mm自走榴弾砲は2人乗りで、完全自動システム、ディーゼルと電気のハイブリッドエンジンシステムが搭載されている。FCS計画の有人車両8両は、車体の設計を共通化して、製造と保守の簡素化、コストダウンを図っている。2010年までに、NLOS-Cの試作車8両がアリゾナ州ユマ性能試験場に搬送される予定。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]