logo

フォトレポート:米陸軍FCS構想の成果--実現された未来の戦闘システム - 4/16

文:Jonathan Skillings(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年09月16日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Spin Out 1活動で取り組んでいるのは、SUGV、超小型飛行機、戦場および都市で使われる無人センサ、非直接照準式ロケット発射システム(NLOS-LS)、「Bキット」無線技術を含む、FCSプログラム全体のほんの一部だ。

 Bキットは、無線、コンピュータシステム、兵士用インターフェースの3つの部品で構成されている(無線の名称は、Joint Tactical Radio System Ground Mobile Radio:JTRS GMR)。キットは、実際のFCS有人、無人車両の登場に先駆けて、既存の高機動多目的装輪車(Humvee:写真)、Bradley戦闘車、M-1 Abrams戦車に搭載される。

 歩兵旅団戦闘団にSpin Out 1兵器がより幅広く配備されるのは2011年になる見通しだ。2008年夏の試験は、陸軍評価機動部隊の約1000人の兵士によって実施された。

 Spin Out 1活動で取り組んでいるのは、SUGV、超小型飛行機、戦場および都市で使われる無人センサ、非直接照準式ロケット発射システム(NLOS-LS)、「Bキット」無線技術を含む、FCSプログラム全体のほんの一部だ。

 Bキットは、無線、コンピュータシステム、兵士用インターフェースの3つの部品で構成されている(無線の名称は、Joint Tactical Radio System Ground Mobile Radio:JTRS GMR)。キットは、実際のFCS有人、無人車両の登場に先駆けて、既存の高機動多目的装輪車(Humvee:写真)、Bradley戦闘車、M-1 Abrams戦車に搭載される。

 歩兵旅団戦闘団にSpin Out 1兵器がより幅広く配備されるのは2011年になる見通しだ。2008年夏の試験は、陸軍評価機動部隊の約1000人の兵士によって実施された。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]