フォトレポート:米陸軍FCS構想の成果--実現された未来の戦闘システム

文:Jonathan Skillings(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年09月16日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 手前に写っている小さなロボット君は、「WALL・E/ウォーリー」の役を逃したように見えるかもしれないが、実際には、米陸軍の長期構想である「Future Combat Systems(FCS)」の主役級だ。写真は、7月末のニューメキシコ州での演習に登場したときのもの。一部のやや未来的な兵器を戦闘に即応しうるものにするという陸軍の意向にともない、当初のFCSのスケジュールが前倒しされた。

 SUGV(小型無人地上車両)として知られるこのロボットを「やや未来的」と表現するのは、「iRobot PackBot」をはじめとする、すでにイラクなどの危険地帯で幅広く使われている遠隔操作で動く機器とさほど変わらないためだ。着手から5年ほど経つFCS構想が目指すさらに重要な未来は、2つの領域が鍵を握る。1つは、古い兵器、機器を21世紀のテクノロジに置き換えること。もう1つは、ロボット、センサ、榴弾砲といった多くのソフトウェアを利用したFCSと兵士をユビキタスな高速ワイヤレスネットワークでリンクすることだ。

 手前に写っている小さなロボット君は、「WALL・E/ウォーリー」の役を逃したように見えるかもしれないが、実際には、米陸軍の長期構想である「Future Combat Systems(FCS)」の主役級だ。写真は、7月末のニューメキシコ州での演習に登場したときのもの。一部のやや未来的な兵器を戦闘に即応しうるものにするという陸軍の意向にともない、当初のFCSのスケジュールが前倒しされた。

 SUGV(小型無人地上車両)として知られるこのロボットを「やや未来的」と表現するのは、「iRobot PackBot」をはじめとする、すでにイラクなどの危険地帯で幅広く使われている遠隔操作で動く機器とさほど変わらないためだ。着手から5年ほど経つFCS構想が目指すさらに重要な未来は、2つの領域が鍵を握る。1つは、古い兵器、機器を21世紀のテクノロジに置き換えること。もう1つは、ロボット、センサ、榴弾砲といった多くのソフトウェアを利用したFCSと兵士をユビキタスな高速ワイヤレスネットワークでリンクすることだ。

提供:Stephen Baack

 手前に写っている小さなロボット君は、「WALL・E/ウォーリー」の役を逃したように見えるかもしれないが、実際には、米陸軍の長期構想である「Future Combat Systems(FCS)」の主役級だ。写真は、7月末のニューメキシコ州での演習に登場したときのもの。一部のやや未来的な兵器を戦闘に即応しうるものにするという陸軍の意向にともない、当初のFCSのスケジュールが前倒しされた。  SUGV(小型無人地上車両)として知られるこのロボットを「やや未来的」と表現するのは、「iRobot PackBot」をはじめとする、すでにイラクなどの危険地帯で幅広く使われている遠隔操作で動く機器とさほど変わらないためだ。着手から5年ほど経つFCS構想が目指すさらに重要な未来は、2つの領域が鍵を握る。1つは、古い兵器、機器を21世紀のテクノロジに置き換えること。もう1つは、ロボット、センサ、榴弾砲といった多くのソフトウェアを利用したFCSと兵士をユビキタスな高速ワイヤレスネットワークでリンクすることだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加