logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2007年の技術 - 2/15

文:Jonathan Skillings(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月11日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 陸軍で使われている他の無人機と同様、Shadowは空から地上の偵察を続け、ビデオ画像を地上局に送り返す。送られたこれらの画像は、監視や偵察、目標捕捉に使用できる。

 2008年始め、Shadowは、スミソニアン協会で展示する価値があるとみなされた6機の無人機の1つに挙げられた。時速100マイル(約161km)ほどで飛行し、高度1万9000フィート(約5791m)まで上昇できる。
Scroll Right Scroll Left

 陸軍で使われている他の無人機と同様、Shadowは空から地上の偵察を続け、ビデオ画像を地上局に送り返す。送られたこれらの画像は、監視や偵察、目標捕捉に使用できる。

 2008年始め、Shadowは、スミソニアン協会で展示する価値があるとみなされた6機の無人機の1つに挙げられた。時速100マイル(約161km)ほどで飛行し、高度1万9000フィート(約5791m)まで上昇できる。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]