logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2007年の技術 - 9/15

文:Jonathan Skillings(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月11日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 機能的にOGPKに似ているのは、既存の砲塔に取り付けられる「Picatinny Blast Shield」だ。爆風を防ぐシールドには透明な装甲が取り付けられており、爆風を逃がすために斜めに装着される。軽量なため、重量が重視される水陸両用車両での使用に適している。Picatinny Blast Shieldは米国海兵隊の「LAV-25」の上面、車両指揮官のハッチステーションに搭載されている。2007年には、150以上のPicatinny Blast ShieldがLAV-25に取り付けられて配備された。
Scroll Right Scroll Left

 機能的にOGPKに似ているのは、既存の砲塔に取り付けられる「Picatinny Blast Shield」だ。爆風を防ぐシールドには透明な装甲が取り付けられており、爆風を逃がすために斜めに装着される。軽量なため、重量が重視される水陸両用車両での使用に適している。Picatinny Blast Shieldは米国海兵隊の「LAV-25」の上面、車両指揮官のハッチステーションに搭載されている。2007年には、150以上のPicatinny Blast ShieldがLAV-25に取り付けられて配備された。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]