フォトレポート:米陸軍が表彰した2007年の技術

文:Jonathan Skillings(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月11日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米陸軍は毎年春、前年の優れた発明を発表している。発表される発明は、まったく新しい創造というよりも、既存の兵器の改良という傾向があるが、戦場でその兵器を使用する兵士にとって重要性は変わらない。

 6月の表彰式で発表された2007年の優れた発明は、2006年のものと同様、簡易爆発物による脅威、被害を軽減する方法に重点が置かれている。また、重傷を負った兵士の生命を救うまったく新しい手法も選ばれている。

 この写真は、第6機甲連隊がイラク北部で使用している「RQ-7 Shadow 200」無人機だ。しかし、表彰された発明は無人機ではない。表彰されたのは、Shadowが標準的な単一チャネル無線の通常範囲を超えて飛行した場合、双方向通信を強化するように設計された、無人機の通信リレーシステム(CRS)だ。陸軍によれば、CRSは、ブームに搭載したり、翼端延長に組み込んだり、「PRC-152」携帯ラジオに使用したりすることができる。
Scroll Right Scroll Left

 米陸軍は毎年春、前年の優れた発明を発表している。発表される発明は、まったく新しい創造というよりも、既存の兵器の改良という傾向があるが、戦場でその兵器を使用する兵士にとって重要性は変わらない。

 6月の表彰式で発表された2007年の優れた発明は、2006年のものと同様、簡易爆発物による脅威、被害を軽減する方法に重点が置かれている。また、重傷を負った兵士の生命を救うまったく新しい手法も選ばれている。

 この写真は、第6機甲連隊がイラク北部で使用している「RQ-7 Shadow 200」無人機だ。しかし、表彰された発明は無人機ではない。表彰されたのは、Shadowが標準的な単一チャネル無線の通常範囲を超えて飛行した場合、双方向通信を強化するように設計された、無人機の通信リレーシステム(CRS)だ。陸軍によれば、CRSは、ブームに搭載したり、翼端延長に組み込んだり、「PRC-152」携帯ラジオに使用したりすることができる。

提供:U.S. Army

 米陸軍は毎年春、前年の優れた発明を発表している。発表される発明は、まったく新しい創造というよりも、既存の兵器の改良という傾向があるが、戦場でその兵器を使用する兵士にとって重要性は変わらない。  6月の表彰式で発表された2007年の優れた発明は、2006年のものと同様、簡易爆発物による脅威、被害を軽減する方法に重点が置かれている。また、重傷を負った兵士の生命を救うまったく新しい手法も選ばれている。  この写真は、第6機甲連隊がイラク北部で使用している「RQ-7 Shadow 200」無人機だ。しかし、表彰された発明は無人機ではない。表彰されたのは、Shadowが標準的な単一チャネル無線の通常範囲を超えて飛行した場合、双方向通信を強化するように設計された、無人機の通信リレーシステム(CRS)だ。陸軍によれば、CRSは、ブームに搭載したり、翼端延長に組み込んだり、「PRC-152」携帯ラジオに使用したりすることができる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加