1000万画素モデルが5割目前、コンパクトデジカメで高画素モデルが急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンパクトデジカメ市場の主流が1000万画素モデルにスイッチした。これまで人気の高かった600-800万画素クラスを完全に逆転し、5割に迫る勢いだ。今年に入り急速にシェアを伸ばした松下の好調を牽引するのも、やはり1000万画素モデル。ここの1年で一気に高画素化が進んだ。その要因は? 「BCNランキング」でコンパクトデジタルカメラの最新動向をまとめた。

 ●松下が月間トップを維持 春先からの好調でメーカーシェアでも首位に

 まず、コンパクトデジタルカメラの月間販売台数シェアを見てみると、5月の機種別販売台数トップ10で、1位を獲得したのは松下の「LUMIX FX35」。シェア10.1%と唯一2ケタのシェアを獲得した。2位につけたオリンパス「μ1020」は5.6%。2-3%台のシェアで大混戦のコンパクトデジカメの中で健闘している。いずれも今春の市場に投入されたモデルだ。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加