logo

TorrentSpy訴訟でMPAAに有利な裁定--プライバシー保護団体から不安の声 - (page 3)

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:向井朋子、小林理子2007年09月11日 16時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コピーされた電子メールがAnderson氏の電子メールアカウントに転送される前に、TorrentSpyがそれらを同社のサーバーにすでに格納していたので、厳密に言うと傍受はなかったというのが、Cooper判事の解釈だ。

 「Anderson氏は、(TorrentSpyの)電子メールサーバーソフトウェアを細工し、(同社の電子メールの)すべてがコピーされて、同氏の持つGoogleの電子メールアカウントに転送されるようにした。電子メールがサーバーに保存されていなかったら、Anderson氏がコピーを入手することもなかっただろう」と、Cooper判事は記している。

 TorrentSpyの弁護士Ira Rothken氏は、Anderson氏が傍受したのは電子メールが送受信されるのと同時だと説明する。

 「通信傍受法をデジタル時代において意味あるものにするためには、こうした状況にも適用できるものでなければならないと、われわれは考えている」と、Rothken氏は語った。

 電子メールはユーザーからユーザーへと送信される前でさえ、コンピュータのRAMに保存されていると、コンピュータの専門家たちは指摘する。EFFのBankston氏は裁判所の解釈について、電子メールの傍受を通信傍受法違反によって罪に問うことを、物理的にも法律的にも不可能にするものだと主張する。

 Rothken氏によると、TorrentSpyは連邦第9巡回控訴裁判所に上訴する予定で、弁護団の一員としてEFFも参加する見込みだという。

 「通信傍受法を電子メールの傍受に適用するのかどうか、全米の権威の間にも意見の相違がある」とRothken氏は言う。「そして、第9巡回控訴裁判所が適切な判断を下すことを信じている」

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]