logo

フォトレポート:環境配慮の「グリーンカー」ランキング発表--日本勢が圧倒

CNET News.com Staff2007年03月01日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米国環境保護庁(EPA)の燃費値は、馬力や加速性能といった数値と並んで、新車購入者にとって最も重要なデータとして関心が急速に高まってきている。American Council for an Energy-Efficient Economy(ACEEE)は今週、2007年の最も環境に配慮した乗用車12台のリストを発表した。このランキングは排出ガス量、燃費、装備重量などの数値から計算される「Green Score」というスコアを基準にしている。写真は、ホンダの圧縮天然ガス車「Civic GX」。燃費は市街地走行で1ガロンあたり30マイル(約48km)、高速走行では1ガロン(約3.7リットル)あたり34マイル(約54km)となっている。同車両は、EPAの有害物質の排出に関するレーティングで最も優秀な数値を記録した。同車両は、有害物質の排出が少ないことを証明するAdvanced Technology Partial Zero Emissions Vehicle(AT-PZEV)の認定を受けているほか、EPAからも蒸発ガスの排出基準に適合していることを示すInherently Low Emissions Vehicle (ILEV)にも認定されている。
Scroll Right Scroll Left

 米国環境保護庁(EPA)の燃費値は、馬力や加速性能といった数値と並んで、新車購入者にとって最も重要なデータとして関心が急速に高まってきている。American Council for an Energy-Efficient Economy(ACEEE)は今週、2007年の最も環境に配慮した乗用車12台のリストを発表した。このランキングは排出ガス量、燃費、装備重量などの数値から計算される「Green Score」というスコアを基準にしている。写真は、ホンダの圧縮天然ガス車「Civic GX」。燃費は市街地走行で1ガロンあたり30マイル(約48km)、高速走行では1ガロン(約3.7リットル)あたり34マイル(約54km)となっている。同車両は、EPAの有害物質の排出に関するレーティングで最も優秀な数値を記録した。同車両は、有害物質の排出が少ないことを証明するAdvanced Technology Partial Zero Emissions Vehicle(AT-PZEV)の認定を受けているほか、EPAからも蒸発ガスの排出基準に適合していることを示すInherently Low Emissions Vehicle (ILEV)にも認定されている。

提供:CNET Networks

 米国環境保護庁(EPA)の燃費値は、馬力や加速性能といった数値と並んで、新車購入者にとって最も重要なデータとして関心が急速に高まってきている。American Council for an Energy-Efficient Economy(ACEEE)は今週、2007年の最も環境に配慮した乗用車12台のリストを発表した。このランキングは排出ガス量、燃費、装備重量などの数値から計算される「Green Score」というスコアを基準にしている。写真は、ホンダの圧縮天然ガス車「Civic GX」。燃費は市街地走行で1ガロンあたり30マイル(約48km)、高速走行では1ガロン(約3.7リットル)あたり34マイル(約54km)となっている。同車両は、EPAの有害物質の排出に関するレーティングで最も優秀な数値を記録した。同車両は、有害物質の排出が少ないことを証明するAdvanced Technology Partial Zero Emissions Vehicle(AT-PZEV)の認定を受けているほか、EPAからも蒸発ガスの排出基準に適合していることを示すInherently Low Emissions Vehicle (ILEV)にも認定されている。

-PR-企画特集