logo

フォトレポート:ボクラハキミノトモダチ--日本のロボット文化史 - 2/11

CNET News.com Staff2006年10月06日 19時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ぬいぐるみのように見えるが、その正体は、タテゴトアザラシの赤ちゃんを模したロボットの「PARO」。人工毛皮の下には、32ビットプロセッサと多数のセンサーやアクチュエータを内蔵している。PAROは、ぎゅっと抱いてやると目を閉じて眠りに落ちるなど、「周囲の環境に反応する」という。入院患者などのストレス緩和に利用される。
Scroll Right Scroll Left

 ぬいぐるみのように見えるが、その正体は、タテゴトアザラシの赤ちゃんを模したロボットの「PARO」。人工毛皮の下には、32ビットプロセッサと多数のセンサーやアクチュエータを内蔵している。PAROは、ぎゅっと抱いてやると目を閉じて眠りに落ちるなど、「周囲の環境に反応する」という。入院患者などのストレス緩和に利用される。

提供:産業技術総合研究所

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]