logo

「バッテリのリコールはアップルが最後」--ソニーや各PCメーカーが強調

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、長谷睦2006年08月25日 20時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerが行ったリコールについて、バッテリの製造メーカーであるソニー、および他のPCメーカーは米国時間8月24日、これ以上のリコールはないとの見込みを相次いで発表し、ユーザーを安心させようと躍起になっている。

 しかし、ショートによる発火の危険性があるとして410万個のバッテリのリコールをDellが14日に発表した際も、各社はもちろん、これと全く同じ内容の発表を行っていた。主要なPCメーカーのほとんどは、ノートPC用バッテリの一部にソニー製の電池セルを使用している。Dellに続いて、Appleが180万個のバッテリのリコールを31日に発表して以降、これらのバッテリにも厳しい目が向けられている。

 ソニーでは、このセルの問題はDellとApple Computerに限定されたものだと考えていると、ソニーの広報担当者Rick Clancy氏は24日に述べている。ただし、同氏はDellのリコール問題が明るみに出た14日の時点では、他のPCメーカーからはDellのようなレベルの問題事例は報告されていないと強調していた。

 Dellはバッテリに関わる問題の報告を6件受けたと述べていたことが、15日に発表された米消費者製品安全委員会(CPSC)のプレスリリースで明らかになっている。一方、Apple Computerは24日、問題の報告を9件受けており、そのうち2件ではユーザーが軽傷を負ったことを明らかにした。なお、Dellは世界最大のPCメーカーで、同社の出荷数はApple Computerをはるかに上回っている。

 Clancy氏が24日に語ったところでは、ソニーでは、問題のセルと、各種ノ―トPCへの当該セルの実装の実態について、さまざまなPCメーカーと情報交換を続け、その結果、バッテリのリコールが必要な企業はDellとApple Computerの2社のみとの結論に達したという。

 当然のことだが、他のPCメーカーの見解もソニーと一致している。

-PR-企画特集