電器メーカーなど6社、ネット接続デジタルTV向けのポータルを提供する新会社設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープ、ソニー、ソニーコミュニケーションネットワーク、東芝、日立製作所、松下電器産業の6社は7月7日、ブロードバンド接続機能を持つデジタルテレビ向けの「共通テレビポータル」サービスを提供する事業会社「テレビポータルサービス」を共同で設立した。

 テレビポータルサービスは、ビデオオンデマンドなどの映像配信サービスや各種の生活情報サービスなどを提供することを目的に設立された会社だ。6社は6月に設立を発表していた。

 テレビポータルサービスの資本金は10億円で、株主構成は松下電器が35%、SCNが25%、ソニー、シャープ、東芝、日立がそれぞれ10%となる。また、代表取締役社長には大野誠一氏、代表取締役副社長には久松龍一郎氏、取締役に澤根浩一氏、坂下弘典氏、木村純氏、吉田憲一郎氏、坂本俊弘氏、井原勝美氏が就任する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加