logo

マイクロソフト、海賊版対策ソフト「WGA」の削除方法を提示

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)2006年06月28日 09時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間6月27日、「Windows Genuine Advantage Notifications(WGA Notifications)」の新バージョンをリリースするとともに、渦中にある同海賊版対策ソフトウェアの削除方法を詳しく説明した。

 Microsoftによると、アップデートされたWGA Notificationsパッケージには、同社に集まった批判に対応した変更が加えられているという。同ソフトウェアは、再起動する度にMicrosoftに問い合わせを行わないよう変更された。

 Microsoftのある関係者は電子メールでインタビューに答え、「WGA Notificationsを使った顧客から失望のコメントが寄せられたため、今回のアップデートでこれに対応した」と述べた。

 WGA Notificationsは、違法コピーされたWindowsが動作するシステム上に警告を表示するほか、著作権侵害をチェックする「WGA Validation」という専用ツールも搭載している。

 Microsoftは、プレリリース版をセキュリティパッチと同時に出し、Windowsユーザーを無警戒な実験台に仕立てるようなことをしたため、WGA Notificationsを巡っては多くの非難を浴びた。また、システムを再起動する度にWGA NotificationsがMicrosoftのサーバと交信していることも明らかになった。Microsoftはこの動作を明らかにしていなかった。

 Microsoftは一部の批判に対応したが、Windowsの「自動更新」機能では、セキュリティアップデートでないにもかかわらず「高優先」アップデートとしてWGA Notificationsの配布を継続している。Microsoftは同ツールに関して別の配信方法を模索すべきだとの批判も一部にある。「自動更新」は、公になった最新のセキュリティ上の脅威や信頼性の問題に対処するソフトウェアアップデートやドライバを提供し、ユーザーの安全確保を目指すサービス。

 「自動更新を利用することで、Microsoftは膨大な数のPCユーザーにコンタクトをとることができる。Microsoftには、ライセンスを受けた顧客向けのサービスを利用するシステムが実際にライセンスされたシステムであるかどうかを知る権利がある」(Microsoftの関係者)

 だが今回初めて、MicrosoftはWGA Notificationsの削除方法に関するガイドラインも提示した。同社はこれまで、同ソフトウェアはアンインストールすることができないとしており、Microsoftに対抗するクラッキングやパッチをユーザー自ら開発するケースが続出した。

 WGA Notificationsは現在も、Windowsの「プログラムの追加と削除」機能を使うだけでは削除できない。新バージョンをインストールすれば同ソフトウェアの古いバージョンは自動的に削除されるが、新バージョンが不要な場合のために、Microsoftは自社ウェブサイトのサポートページで古いバージョンの削除手順を解説している。同社によると、この方法を使えば同海賊版対策ツールのアップデート版のアンインストールも可能だという。しかし同社は、そのような利用方法を認めておらず、最新バージョンを削除しようとして問題が発生した場合は自己責任だとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集