ネットのデマに踊らされないためには?

2011年4月12日 10時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は4月6日、電気通信事業者関係団体に対し、東日本大震災に関するインターネット上の流言飛語、法令や公序良俗に反する情報について、自主的な削除などの措置を取るように要請しました。


 東日本大震災後、地震に関する不確かな情報、国民の不安をあおる流言飛語がインターネットを通じて流布している状況であるとして、政府のワーキングチームが、「被災地等における安全・安心の確保対策」を決定したことを受けたものです。


 また、この一方で、震災とは直接関係はないものの「iPad 2の発売日は4月25日」や「政府がどさくさに紛れてネット規制強化」といった流言が相次いでまことしやかに伝播されました。


 総務省の要請はネット業界にどのような影響を与えることになるでしょうか。また、パネリストの皆さんはネット上のデマに対してどのように接していますか。デマに踊らされないために必要なことは何でしょうか。


  • 及川卓也
    及川卓也さん (テクノロジーアドバイザー)
    デマというのは人々の不安が露呈したものだと思います。信頼たる権威が揺らぎ、昨日まで信じていたものに裏切られる。このような中で不信が不安を呼ぶのはやむを得ないでしょう。

    政府や責任ある立場の機関/団体が事実を隠蔽し(ているように思われる)、データを誤った公表する。この状況下では真贋の判定は極めて属人的に行われるようになります。

    ネットを使おうが使うまいがデマは起こります。ただ、ネットの特性である情報の高い拡散性が問題を大きくしています。

    情報ソースを確認することがまず大事です。明らかに科学的に誤りであることは情報ソースを確認することで大部分は確認出来ます。ただ、科学とは関係ない情報やその情報ソースが信頼に足るかどうかの判断にベストな方法はありません。

    感性を研ぎ澄まし、生き残るための嗅覚を身につける。身も蓋もありませんが、そうとしかアドバイスは出来ないと思います。
    2011-04-13 13:56:46
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加