logo

iPhone 4と新OS「iOS 4」の魅力とは?

2010年6月8日 23時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleがiPhone 4を発表しました。デザインを一新し、厚さ9.3mmの薄型ボディにステンレスのエッジを組み合わせています。画面は960×640ピクセルで326ppiの解像度を持つ「Retinaディスプレイ」を搭載します。HDビデオ撮影やマルチタスキング、ビデオ通話などにも対応しました。

 iPhone OSは「iOS」へと名称を変更しました。最新の「iOS4」にはビデオ通話、アプリケーション用フォルダ、iBooks、企業向け統合機能、iAdなどの新機能があります。

 ハードウェア、ソフトウェアともにバージョンアップしていますが、それらのなかで特に注目すべき点はどこでしょうか。パネリストの皆さんのご意見をお聞かせください。


  • 大橋賢治
    大橋賢治さん (株式会社トロイカ 代表取締役社長)
    特に注目する点として、iOS4による新機能もそうですが、やはり端末のデザインではないでしょうか?現行の3Gなどのデザインの素晴らしさもそうですが、今までケータイを半年に1回とか、コロコロ機種変更していた方も「iPhoneにしてから、初めて同一機種を2年も使ったよ」という声をよく聞きます。私は同じmac book proを3年使ってますが、買い替えるならapple製品です。このようにPCと同じサイクルで買い替えるという行為をケータイに根付かせてくれた?のもiPhoneではないでしょうか?とにかく機能も充分、デザインも飽きない。appleがデザイン会社だと言われる所以がわかります。 残念なのはマイクロSIMを採用した事で、香港などのSIMフリーiPhoneが現状DoCoMoでは使えないという事。。。
    2010-06-09 09:32:10
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集