口コミと広告の差はどこにある?

2009年3月3日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロガーに対価を支払って記事を書かせる「ペイパーポスト」をはじめとした口コミマーケティングが話題になっています。「WOMマーケティング協議会」という組織を設立し、口コミマーケティング市場の健全な育成と情報共有を進めようという動きもあります。同協会の設立準備会は2月末に研究会を実施し、ガイドライン策定の前段階として、「口コミと広告の境界は何か?」について議論する場を設けました。

 研究会ではまとまらなかったこの問題について、パネリストの皆さんはどのようにお考えでしょうか。ブロガーとして、あるいはいちネットユーザーとして、ご自由な立場で意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 藤代裕之
    藤代裕之さん (ブロガー)
    回答に真正面からこたえるなら、クチコミは自然発生しているもの(オーガニック)で、広告は誰か発注者がいて金銭が発生しているもの、と言うことになります。

    ただ、例えば一部雑誌などでは「いまこれが売れている」という自然発生的なものを取り上げているように見せかけて、実は広告というのもありますので、境界のあいまいさはネットに限りません。
    重要なのは読者や消費者に、それが分かるように明示されているか、ということです。

    WOMマーケティング協議会の設立準備会(私も世話人を務めています)では、研究会後に「自分なりのガイドライン策定」を呼びかけています。

    これはすぐにガイドラインを作るというよりも、ガイドラインを考えることでクチコミと広告の境界を考え、ブロガー、代理店、サービス事業社、クライアントなどそれぞれの立場/意見の違いや課題も明らかになるのではないかというアプローチです。

    批評するだけでは何も前に進みませんので、ぜひガイドライン作りにご参加いただければと思います。
    2009-03-04 13:15:52
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加