口コミと広告の差はどこにある?

2009年3月3日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロガーに対価を支払って記事を書かせる「ペイパーポスト」をはじめとした口コミマーケティングが話題になっています。「WOMマーケティング協議会」という組織を設立し、口コミマーケティング市場の健全な育成と情報共有を進めようという動きもあります。同協会の設立準備会は2月末に研究会を実施し、ガイドライン策定の前段階として、「口コミと広告の境界は何か?」について議論する場を設けました。

 研究会ではまとまらなかったこの問題について、パネリストの皆さんはどのようにお考えでしょうか。ブロガーとして、あるいはいちネットユーザーとして、ご自由な立場で意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    Googleが執拗にペイパーポストを禁止するのは、それが非常に効果的だからです。

    大手さんたちがいくらガイドラインを議論したところで、有効性がある限り有象無象が湧いてきて、結局ユーザにとっては何も変わらない(モラルがない分、より悪くなる)でしょう。

    実際、国内ブログの40%はSPAMブログだと言われています。

    何でもアリのインターネット上が前提だとすれば、何が正義かとか何が広告かの理想論を語ってもあまり意味が無いと感じます。

    厳しい強制力を持つ仕組みか、新たな技術の
    発展のどちらか、あるいは両方が必要ではないでようか。
    2009-03-04 12:50:03
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加