口コミと広告の差はどこにある?

2009年3月3日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロガーに対価を支払って記事を書かせる「ペイパーポスト」をはじめとした口コミマーケティングが話題になっています。「WOMマーケティング協議会」という組織を設立し、口コミマーケティング市場の健全な育成と情報共有を進めようという動きもあります。同協会の設立準備会は2月末に研究会を実施し、ガイドライン策定の前段階として、「口コミと広告の境界は何か?」について議論する場を設けました。

 研究会ではまとまらなかったこの問題について、パネリストの皆さんはどのようにお考えでしょうか。ブロガーとして、あるいはいちネットユーザーとして、ご自由な立場で意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 徳力基彦
    徳力基彦さん (ブロガー)
     今回のお題の元となっている、WOMマーケティング協議会設立準備会で世話人をしていることもあり、一応フォローまで回答しておきたいと思います。
     
     研究会の参加前のアンケートとして実施していた「クチコミと広告の境界線はどこにあると思いますか?」という質問についてですが。
     実は個人的には、この質問の正解を考えること自体には、あまり意味がないと思っています。


     そもそも、クチコミマーケティングだろうが、広告だろうが、PRだろうが、最終的には利用者がどう受け止めるかが問題であって、元々の手法が何かというのは関係ないと思っています。

     全ての手法は、企業が何らかの仕掛けで発生させようとしている限り、企業の「宣伝行為」であり、広い意味での「広告」と見なされる行為だと思っています。

     そもそもクチコミというものは、何もクチコミマーケティングだけから発生するものではなく、製品やサービスだけから発生することもあれば、PRの成果として発生することもありますし、テレビCMや新聞広告などをきっかけに発生するクチコミもあります。
     結局、クチコミというものは、そういった様々なマーケティング活動とか、製品やサービスの開発の努力の結果や、いろんな環境とかタイミングの積み重ねで発生するもので。
     本来は、テレビCMにしろ、ネット上の広告にしろ、何らかのクチコミ効果を期待して実施していたはず。

     そう言う意味で、個人的には、クチコミと広告はある意味コインの表と裏のような関係だと思っていて、クチコミだから良いとか、広告だから悪いとか、そういう話ではないように感じています。

     と短く書くと誤解も増えそうな気がしますので、詳細はブログに書きました。

    (リンク »)

    (長文注意です)
    2009-03-04 12:23:20
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加