logo

口コミと広告の差はどこにある?

2009年3月3日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロガーに対価を支払って記事を書かせる「ペイパーポスト」をはじめとした口コミマーケティングが話題になっています。「WOMマーケティング協議会」という組織を設立し、口コミマーケティング市場の健全な育成と情報共有を進めようという動きもあります。同協会の設立準備会は2月末に研究会を実施し、ガイドライン策定の前段階として、「口コミと広告の境界は何か?」について議論する場を設けました。

 研究会ではまとまらなかったこの問題について、パネリストの皆さんはどのようにお考えでしょうか。ブロガーとして、あるいはいちネットユーザーとして、ご自由な立場で意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    口コミマーケティングって、やりすぎると不正競争防止法(周知表示混同惹起行為)のあたりにひっかかってくると思います。どうしてもシロートの姿を借りた広告に見えてしまう面がありますから。

    特に、CGMやプライバシー情報をベースとした行動ターゲティング広告やレコメンデーションの台頭を控え、そろそろ公的なガイドラインを引く必要が出てきているところでしょう。というか経済産業省やJIAAあたりはもう動いていますね。

    とはいえ一方で、300万円くらい積めば夜11時のニュース番組の特集企画くらいは買えちゃうという現実もあり、全体の中でどう相対化するかはもう少し幅広な議論が必要だと思います。
    2009-03-04 00:56:29
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集