logo

口コミと広告の差はどこにある?

2009年3月3日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロガーに対価を支払って記事を書かせる「ペイパーポスト」をはじめとした口コミマーケティングが話題になっています。「WOMマーケティング協議会」という組織を設立し、口コミマーケティング市場の健全な育成と情報共有を進めようという動きもあります。同協会の設立準備会は2月末に研究会を実施し、ガイドライン策定の前段階として、「口コミと広告の境界は何か?」について議論する場を設けました。

 研究会ではまとまらなかったこの問題について、パネリストの皆さんはどのようにお考えでしょうか。ブロガーとして、あるいはいちネットユーザーとして、ご自由な立場で意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 河野武
    河野武さん (コミュニケーション・デザイナー)
    テーマがテーマなので久しぶりに書きます。

    そもそも「ペイパーポスト」をクチコミマーケティングに入れちゃうことに反対です。

    クチコミってのは仕掛けるものではなく、百発百中に起こせるわけでもありません。クチコミされやすい環境とか準備(たとえば商品画像を自由に利用可能にするとか)をやるところまでが限度で、そこから先は神頼みに近いと思ってます。だからこそ信用されるし、価値があるわけで。

    で、直接の答えにはなってませんが、けっきょくのところマーケティングなんてものは「自分がやられてイヤなことをしたらダメ」という原則を逸脱しないことが最初のルールだと思っているので、SPAMの問題しかり、ペイパーポストしかり、その基準で見れば何をしてはいけないかがわかると思います。
    2009-03-03 22:36:01
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集