logo

口コミと広告の差はどこにある?

2009年3月3日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロガーに対価を支払って記事を書かせる「ペイパーポスト」をはじめとした口コミマーケティングが話題になっています。「WOMマーケティング協議会」という組織を設立し、口コミマーケティング市場の健全な育成と情報共有を進めようという動きもあります。同協会の設立準備会は2月末に研究会を実施し、ガイドライン策定の前段階として、「口コミと広告の境界は何か?」について議論する場を設けました。

 研究会ではまとまらなかったこの問題について、パネリストの皆さんはどのようにお考えでしょうか。ブロガーとして、あるいはいちネットユーザーとして、ご自由な立場で意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 秋元裕樹
    秋元裕樹さん (職業ブロガー、他)
    消費者にとって納得のいくようなものから、万人が(仕組みが判明したときに)あくどいと認めるものまで、なだらかに無数の広告活動があるのではないでしょうか。

    発端となった「ペイパーポストかどうか」という問題はその中の一要素に過ぎず、わけて考える話だと思っています。Googleという私企業の提案するルールの問題に過ぎないので、Googleが 1) わかりやすいルールを周知してくれて、2) ルール違反をちゃんと取り締まってくれるなら、あとは広告主がGoogle検索での結果を気にするか気にしないかだけの話なので。そういう活動は、英語圏で行なわれているほどには日本語のGoogleでは真剣に行なわれてきていなかったように感じているので、一ネットユーザとしては改善されると嬉しいです。
    2009-03-03 19:03:32
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集