logo

口コミと広告の差はどこにある?

2009年3月3日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロガーに対価を支払って記事を書かせる「ペイパーポスト」をはじめとした口コミマーケティングが話題になっています。「WOMマーケティング協議会」という組織を設立し、口コミマーケティング市場の健全な育成と情報共有を進めようという動きもあります。同協会の設立準備会は2月末に研究会を実施し、ガイドライン策定の前段階として、「口コミと広告の境界は何か?」について議論する場を設けました。

 研究会ではまとまらなかったこの問題について、パネリストの皆さんはどのようにお考えでしょうか。ブロガーとして、あるいはいちネットユーザーとして、ご自由な立場で意見を聞かせてください。読者の皆様からのコメントもお待ちしています。


  • 小越崇広
    小越崇広さん (株式会社 CA テクノロジー トレンドアナリスト/ウェブマーケティングプランナー)
    この質問に正確に答えるのは難しいです。

    ただ、質問が本質的に聞いていることに
    答えるのは非常に簡単だと思います。

    マーケターの意思が介在するかどうか、
    が決定的な差です。

    ただ、クチコミと広告に線を引こうとすると
    荒れる場合が多く、それはなぜかというと
    クチコミの定義が少なくとも日本では
    定まっていないからです。

    womma の場合、まずクチコミを
    organic と amplified に分けて定義
    しています。

    amplified は何らかのマーケティング活動
    の結果もたらされたもので、それがリリー
    スを送る行為だろうがサンプリングだろう
    がイベントだろうがここに分類されます。

    日本の場合、幸か不幸か amplified の
    中であたかも卑賎の差をつけるかのような議論が多いように思います。

    コピペを容認するプログラムがひどい
    というのは私も同じ考えですが、
    本質的にはマーケターの介在する手法
    それぞれ個別にしかるべき倫理とガイドラインが
    必要なのではないかと感じております。
    2009-03-03 18:48:37
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集