秋冬モデルに見る日本のケータイ事情

2008年11月11日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話の2008年秋冬モデルが出揃いました。NTTドコモはシリーズ名を大きく変更し、最多の22機種を発表しました。ソフトバンクモバイルが特に力を入れるのは、タッチパネルで操作する端末ラインアップの拡充。iPhone 3G用のワンセグアクセサリも話題となりました。KDDIは新端末7機種を発表し、「Woooケータイ」「AQUOSケータイ」など高画質な映像を表示する端末を揃えました。

 各社の2008年秋冬モデルを見て、パネリストのみなさんは率直にどう感じましたか? またこんな携帯電話なら買い換えるという自分なりのこだわりなどがありましたら教えてください。


  • iPhoneが携帯業界の救世主に!iPhoneが各携帯端末メーカーに火をつけた! タッチパネル製品はまだまだ改善の余地はあるものの、メーカーのチャレンジが感じられます。また、デザイン性の向上も嬉しいところ。 注目はHTC。Google端末"G1"で勢いがついたのかHTCは最近特にアグレッシブ&機能、...
  • docomoの新ラインアップは彼らの迷走ぶりを示していると思う。ライフスタイル別の、という区分けは結局スペックの違いを意識できず、ユーザーにとってはわかりづらい。このブランディングは数年持たず失敗するだろう。商品そのものには工夫が見られるだけに、残念に思う。 auは従来のケータイの順当な進化といえるが、世界の流れからするとやはり進化...
  • すごい!偽春菜(※)の再来だ!ドコモのiコンシェル+マチキャラは個人的にかなりツボです。 デスクトップキャラがヘッドラインセンサーを持っていて開発環境がオープンになっているなんて、オジサンからすれば「……それなんて任意?えんいー(笑)」ですね。日本人はデスクトップキャラクターが好きですし、PCの世界では10年前にすごい流行りました。...
  • 個人的にはBlackberry BOLDが気になります。私はDoCoMoユーザーで、MacユーザーなのでiPhoneという選択肢はありましたが、Softbankが自宅で全く圏外となるので、iPhoneという選択はありませんでしたが、電車等の移動が多いのでプッシュ式メールが快適なので、スマートフォンを探していました。現在はBlackberr...
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加