logo

秋冬モデルに見る日本のケータイ事情

2008年11月11日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話の2008年秋冬モデルが出揃いました。NTTドコモはシリーズ名を大きく変更し、最多の22機種を発表しました。ソフトバンクモバイルが特に力を入れるのは、タッチパネルで操作する端末ラインアップの拡充。iPhone 3G用のワンセグアクセサリも話題となりました。KDDIは新端末7機種を発表し、「Woooケータイ」「AQUOSケータイ」など高画質な映像を表示する端末を揃えました。

 各社の2008年秋冬モデルを見て、パネリストのみなさんは率直にどう感じましたか? またこんな携帯電話なら買い換えるという自分なりのこだわりなどがありましたら教えてください。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    iPhoneが携帯業界の救世主に!iPhoneが各携帯端末メーカーに火をつけた!


    タッチパネル製品はまだまだ改善の余地はあるものの、メーカーのチャレンジが感じられます。また、デザイン性の向上も嬉しいところ。


    注目はHTC。Google端末"G1"で勢いがついたのかHTCは最近特にアグレッシブ&機能、デザインと突出してきています。TOUCH DIAMONDいいっすね♪国内メーカー頑張らないと、置いていかれますよ!!!


    ちなみに不肖Ericは、携帯電話(W53CA)の他にiPhoneもX02HTも手放せません。スマートフォンの今後にも注目!久しぶりに楽しんでいます♪


    アップルって新しい流れをつくる天才ですね。
    2008-11-16 23:50:33
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集