logo

秋冬モデルに見る日本のケータイ事情

2008年11月11日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話の2008年秋冬モデルが出揃いました。NTTドコモはシリーズ名を大きく変更し、最多の22機種を発表しました。ソフトバンクモバイルが特に力を入れるのは、タッチパネルで操作する端末ラインアップの拡充。iPhone 3G用のワンセグアクセサリも話題となりました。KDDIは新端末7機種を発表し、「Woooケータイ」「AQUOSケータイ」など高画質な映像を表示する端末を揃えました。

 各社の2008年秋冬モデルを見て、パネリストのみなさんは率直にどう感じましたか? またこんな携帯電話なら買い換えるという自分なりのこだわりなどがありましたら教えてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    docomoの新ラインアップは彼らの迷走ぶりを示していると思う。ライフスタイル別の、という区分けは結局スペックの違いを意識できず、ユーザーにとってはわかりづらい。このブランディングは数年持たず失敗するだろう。商品そのものには工夫が見られるだけに、残念に思う。

    auは従来のケータイの順当な進化といえるが、世界の流れからするとやはり進化の正しい方向からは外れている気がする。

    ソフトバンクは韓国メーカーやノキアらと歩調を合わせて大型タッチパネル搭載機、いわばiPhoneに始まるスマートフォンの進化の影響をまともに受けた新しいケータイの潮流に即したラインアップだと評価する。

    今後世界の携帯電話はWebブラウジング、あるいはウィジェットを通じたインターネットの活用をベースに、限りなくスマートフォン化していくと思われる。この動きは世界全体でおきつつあり、日本もそれに追随せざるを得ないだろう。


    2008-11-12 08:08:21
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集