logo

秋冬モデルに見る日本のケータイ事情

2008年11月11日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話の2008年秋冬モデルが出揃いました。NTTドコモはシリーズ名を大きく変更し、最多の22機種を発表しました。ソフトバンクモバイルが特に力を入れるのは、タッチパネルで操作する端末ラインアップの拡充。iPhone 3G用のワンセグアクセサリも話題となりました。KDDIは新端末7機種を発表し、「Woooケータイ」「AQUOSケータイ」など高画質な映像を表示する端末を揃えました。

 各社の2008年秋冬モデルを見て、パネリストのみなさんは率直にどう感じましたか? またこんな携帯電話なら買い換えるという自分なりのこだわりなどがありましたら教えてください。


  • 大橋賢治
    大橋賢治さん (株式会社トロイカ 代表取締役社長)
    個人的にはBlackberry BOLDが気になります。私はDoCoMoユーザーで、MacユーザーなのでiPhoneという選択肢はありましたが、Softbankが自宅で全く圏外となるので、iPhoneという選択はありませんでしたが、電車等の移動が多いのでプッシュ式メールが快適なので、スマートフォンを探していました。現在はBlackberry8707hを使っておりますが、最初は慣れませんでしたが、今は快適に利用しております。

    DoCoMoからiPhoneが発売されたとしても、今はblackberry BOLDを買うと思います。

    詳細はこちらリンク (リンク »)
    2008-11-11 22:54:57
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集