logo

MSのウェブ版Officeが登場--オフィス製品の行く末は?

2008年10月30日 03時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがウェブブラウザで動作するOfficeアプリケーションを披露しました。Internet Explorer、Firefox、Safariなどの一般的なウェブブラウザで動作し、モバイル版、PC版などとシームレスに切り替えながら、ドキュメントを編集できるそうです。

 ライバルと目されるGoogle Appsは個人ユーザーだけでなく、法人顧客の注目も集め始めています。MSのウェブ版オフィスも、個人にはOffice Liveを通じて、法人ユーザーにはホスト型のプログラムなどを通じて提供される予定です。

 これまでOffice製品は有料のパッケージ版として提供されてきました。これがウェブで使えるようになると、MSのビジネスモデルはどのような影響を受けることになるでしょうか。また、ウェブベースのOfficeアプリの意義を長年にわたって疑問視してきたMSが方向転換したことで、オフィスソフトの主流はオンラインに移行していくのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    ライセンスビジネスの崩壊が!とか言いたいのですが、大企業はではまず使われないでしょう。C向け△、B向け×って感じでしょうか?情報セキュリティーにピリピリしてるこのご時勢、INTERNETの向こうに重要書類を預ける勇気のある企業はなかなかいないでしょう。MSもそこんとこは見越してサービスするのでは。まあ、個人的には、機能の軽くなったOfficeで十分なんで、VanillaバージョンのOfficeなら個人的には使ってみたい気がします。Google Docより使い慣れていますからね。僕の場合ほとんど基本的な機能しか使っていないので、機能最小限のWeb版はかなり使いやすくなる期待はあります。とはいえ、個人でOffice使うことって、そんなにあるかなあ。。。。。。
    2008-10-30 19:57:00
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集