logo

mixi日記は誰のもの? 改めて考える利用規約

2008年3月9日 21時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 mixiの利用規約が揺れています。4月1日に全面改訂する予定の利用規約が公開されましたが、当初はmixi上で書いた日記などの情報について、運営会社ミクシィによる無償かつ非独占的なコンテンツの使用権利や著作者人格権行使の禁止などが明記されていました。これに対してユーザーはmixiやブログ上で反発する声を上げたことから、同社は条文の修正を行うことを明らかにしました。

 コミュニティサイトにおけるユーザーコンテンツの扱いについてはたびたび議論が起こっていますが、基本的にほとんどのサービスにおいて、運営会社が自由に利用できるものとしています。ユーザーが書き込んだブログエントリーや日記は、一体誰のものなのでしょうか。また、誰もがコミュニティサイトを使うようになった現在、どのような利用規約が求められているのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 神田敏晶
    神田敏晶さん (ビデオジャーナリスト)
    この規約が話題になった時に、ミクシィにもコミュニティの価値をはき違えている人たちが、社内にも増えてしまったんだ…と少し残念な気持ちになってしまった。
    当然、修正されるとは思っていたが、対応が遅かった気がする。

    サービスが無償だから(一部有料)といっても、ユーザージェネレートコンテンツの権利は、常にユーザー側になければならない。

    サービス提供者はコンテンツ開発の場を提供しているにすぎない。そこに、ユーザーが集うことによってのベネフィットはすでに享受しているからだ。

    サービス提供者は、ユーザーコンテンツを最初は広告露出の場から、次の段階では、他メディアにパブリックにすることにより利益の共有が可能となる。
    あくまでも、利用するユーザーのコンテンツのマネージメント側として機能しなければならない。

    今後、ミクシィでも、物品をミクシィで広告を見て購入したり、おすすめするだけで、ポイントが増えるというような電子通貨的な価値が流通しはじめるだろう。

    はてなのポイントやモバゲーのゴールドのように、ミクシィもポイント制度による、キャッシュの移動しない価値を創造し、ユーザーへの、利益の還付をそろそろ考えはじめたほうがよいだろう。
    すると、ミクシィポイントによるコンテンツ使用権のようなものも確立し、無断で利用されるというような憶測もする必要がなくなるのではないだろうか?

    2008-03-10 18:12:41
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集