logo

mixi日記は誰のもの? 改めて考える利用規約

2008年3月9日 21時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 mixiの利用規約が揺れています。4月1日に全面改訂する予定の利用規約が公開されましたが、当初はmixi上で書いた日記などの情報について、運営会社ミクシィによる無償かつ非独占的なコンテンツの使用権利や著作者人格権行使の禁止などが明記されていました。これに対してユーザーはmixiやブログ上で反発する声を上げたことから、同社は条文の修正を行うことを明らかにしました。

 コミュニティサイトにおけるユーザーコンテンツの扱いについてはたびたび議論が起こっていますが、基本的にほとんどのサービスにおいて、運営会社が自由に利用できるものとしています。ユーザーが書き込んだブログエントリーや日記は、一体誰のものなのでしょうか。また、誰もがコミュニティサイトを使うようになった現在、どのような利用規約が求められているのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 古川健介
    古川健介さん (株式会社ロケットスタート 代表取締役)
    ユーザーの作ったものは当然ユーザーのもののわけですが、あまりにユーザーに任せると、今度は新しいクリエイティブが生まれない可能性が出てきちゃうわけです。

    電車男の書き込みはユーザーのものですが、それを出版したことで、次は映画が作られ、ドラマが作られ、演劇も上映される、という状態になりました。個人的には電車男の演劇とかよくできていて、おもしろかったので、ああいうクリエイティブの可能性は残したいなぁ、と思っていたりします。

    だからといって、自由に利用していいか、というとそんなことは全くないわけで、非常に判断が難しいわけです。

    利用規約がうんぬん、というレベルではなく、権利が守られた形かつ、クリエイティブの自由を制限しないコンテンツ作りを考えないといけない時期なのではないかなぁ、と思っているこのごろです。
    2008-03-10 21:59:45
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集