logo

日本の広告費、今後伸びるのは?

2008年3月3日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通が2007年の日本の総広告費と媒体別・業種別広告費を推定した「2007年(平成19年)日本の広告費」を発表しました。新聞、テレビ、ラジオ、雑誌のマスコミ4媒体は3年連続して前年を下回る一方で、4年連続増加となったインターネット広告費がついに雑誌広告費を抜き去りました。

 資料によれば、2007年の国内広告費7兆191億円のうち、テレビ広告費は1兆9,981億円(前年比0.9%減)、新聞広告費は9,462億円(同5.2%減)、雑誌広告費は4,585億円(同4%減)、ラジオ広告費は1,671億円(同4.2%減)でした。インターネット広告費は前年比24.4%増で6,003億円。特に拡大傾向にあるのは、クロスメディア手法の定着したSEM市場(前年比37.8%増)や、ナショナルクライアントにも活用され始めたモバイル広告(同59.2%増)です。

 インターネット広告はこのまま成長を続けるのでしょうか。また今後注目されるであろう広告とはどのようなものでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 小越崇広
    小越崇広さん (株式会社 CA テクノロジー トレンドアナリスト/ウェブマーケティングプランナー)
    インターネットのトラフィックには2種類あると考えています。

    すなわち、「あの本が欲しい」「この店が知りたい」という
    目的がはっきりと顕在化しているトラフィックと、
    暇だから使っていますというような、ネットを使うこと
    そのものが目的になっているトラフィックです。

    個人的に注目しているのは、後者の使用すること
    そのものが目的のトラフィックのCPMを
    如何に大きくしていくかということです。

    現在、このトラフィックのCPMを引き上げる手法として、
    分かりやすいところでは行動ターゲティングの出し先媒体になる、
    または、ユーザー自身が参加する形にしてしまうという
    2つがとられています。

    トラフィックが増えれば増えるほど価値が高まるという意味では、
    少々変り種ですがアバターモデルも実はトラフィックをうまく
    お金に換えているといえます。

    いずれにせよ、莫大なこのトラフィックをマネタイズする、
    おもしろいアイディアに注目しています。
    2008-03-03 16:42:23
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集