logo

東芝撤退! 次世代DVD戦争は何を残したか

2008年2月18日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・松下が主導する「Blu-ray Disc(BD)」と東芝が主導する「HD DVD」の次世代DVD規格争いが大詰めを迎えているようです。ロイターは16日、東芝がHD DVD関連事業から撤退する方向で最終調整に入った、と報じています。ここ数カ月の動きを振り返ると、年初にWarner Bros. がHD DVD陣営からの離脱を表明し、またゲーム業界でも、HD DVDをサポートする「Xbox 360」がBDに対応する可能性もある、とMicrosoft幹部が漏らしていました。さらにウォルマートやNetflixといった小売業者もBD支持に回っています。長かった次世代DVD規格争いがBD陣営の勝利という形で終わるとすれば、両陣営の勝敗を分けた決め手は何だったのでしょうか。そして今回の規格争いは市場と消費者に何をもたらしたのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    身も蓋もないんですが、Blu-rayの方が名前がカッコイイとか、その程度の差だったんじゃないかと思います。

    もはやHD品質だろうとDVDだろうと、それくらいコモディティ化しているし、そうじゃないと普及しないはずです。

    低所得者層向けのスーパーであるウォルマートが東芝に引導を渡す役を担ったというのは、その意味で興味深い巡り合わせだと思っています。
    2008-02-22 03:14:05
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集