logo

東芝撤退! 次世代DVD戦争は何を残したか

2008年2月18日 02時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・松下が主導する「Blu-ray Disc(BD)」と東芝が主導する「HD DVD」の次世代DVD規格争いが大詰めを迎えているようです。ロイターは16日、東芝がHD DVD関連事業から撤退する方向で最終調整に入った、と報じています。ここ数カ月の動きを振り返ると、年初にWarner Bros. がHD DVD陣営からの離脱を表明し、またゲーム業界でも、HD DVDをサポートする「Xbox 360」がBDに対応する可能性もある、とMicrosoft幹部が漏らしていました。さらにウォルマートやNetflixといった小売業者もBD支持に回っています。長かった次世代DVD規格争いがBD陣営の勝利という形で終わるとすれば、両陣営の勝敗を分けた決め手は何だったのでしょうか。そして今回の規格争いは市場と消費者に何をもたらしたのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 奥木博一
    奥木博一さん (パーク24株式会社 業務推進本部 技術開発部 マネージャー)
    日本企業にしては鮮やかな撤退だったと思う。勝敗の決め手は、映画配給会社等、コンテンツプロバイダーの意思決定、またそれを促した初期段階からの経営・営業努力だろう。

    ベータとVHSとの戦争終結に約12年、レーザーディスクとVHDとの戦争終結に約8年かかった。どちらも数多くのユーザーが翻弄され、不便を強いられた。

    ところが、今回は2年に満たない間に戦争が終結したわけである。この業界における時代は加速しているという実感を禁じえない。

    今回は、HD画質がお茶の間に入り込み始め、消費者がHD画質を録画する内蔵ハードディスク以外のリムーバブルメディアを本格的に求め始める前に戦争が終結してしまった。一部の先進的ユーザー以外は、ほとんど被害を被ってはいないのではないだろうか。

    繰り返しになるが、東芝は英断をしたと思われる。市場学習もしたと思うし、経営的にもプラスであろう。

    また、消費者としては、今後もこのような規格並存のメディアを目の前にして、可能であれば1、2年我慢するつもりで情勢を見極めれば、自然と趨勢が決定することが学習できた出来事ではなかったのではなかろうか。
    2008-02-21 23:37:01
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集