MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 保田隆明
    保田隆明さん (ワクワク経済研究所代表)
    株主に対しては十分なプレミアムを支払っているので、Yahooの取締役会が拒絶することはなかなか難しいでしょう。

    検索市場は、まだまだ発展途上、新規参入企業が今後も続くことが想定される中、MS-Yahoo連合はGoogleへの対抗馬となるというよりも、むしろ新規参入組に対しての守勢を固めるような状況になっていくのではないでしょうか。
    2008-02-04 10:19:57
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加