MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 西山圭
    西山圭さん (アサップネットワーク株式会社 代表取締役)
    ここ何年かの勝ち組IT企業の買収の動機は、凋落に対する恐怖からきている。
    少しでも自分たちのサービスに脅威を与えそうな会社は、大小を問わず買収して取り込んでしまう。
    Amazon,eBay,Yahoo!,Google,みな然り。
    今回の買収提案は、このままではオンラインサービスでは未来永劫Googleに勝てないという敗北宣言であり、また今のPCとOS,クライアントソフトに基盤を置くIT市場が完全にWebに取って代わられるというMS自身の確信の証明ともいえるかもしれない。

    しかし、買おうという発想が凄いですよね、、、
    4.5兆円あれば、日本の時価総額TOP4社を全部買える計算です。
    (トヨタ+三菱東京UFJ+NTT+NTTドコモ)

    ※編集部注
    上記、「4.5兆円あれば、日本の時価総額TOP4社を全部買える計算」とありますが、日本の時価総額TOP4社の合計額は約45兆円でした。
    2008-02-04 01:26:09
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加