logo

MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • ひろゆき
    ひろゆきさん (自営業)
    マイクロソフトは、ブラウザにしろ、メッセンジャーにしろ、独禁法のおかげで様々な制限を受けていますが、そういったハンデのある状況です。
    Yahooが傘下に入ることで、独禁法の監視が厳しくはなれど、ゆるくなることはないと思います。
    また、Yahooまで独禁法の監視下に置かれてしまうので、完全に自由競争が出来るGoogleに対抗できる規模の組織がなくなって、Googleの勝利が確定するってだけだと思いますけどねぇ。

    2008-02-04 02:09:24
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集