logo

MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • いちる
    いちるさん (ウェブディレクター)
    業界によって違うのでしょうが、オンラインのサービスは、規模よりアイディアの方が大事だと思います。
    その意味で、「YahooとMSNが一体化」して規模が大きくなっても、それから先、どのような新しいユニークでワクワクする世界を作るアイディアを持っているのか、その部分が目立っていないと、単に「PVがYahoo!+MSNになりました」というだけで終わってしまい、相乗効果が見込めず、結局Googleの敵ではないのではないか、というのが僕の感想です。
    ところで、現在でもPVベースではGoogleよりも米Yahoo!の方が上だそうですね。これはYahoo!の何かの強みをあらわしている可能性はないのでしょうか?
    2008-02-04 00:36:27
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集