logo

MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    MSがYahooのWebサービス技術を使ってSaaS(特にエンタープライズ向け)をやろうとしてるなら「本気だな」と思います。なにしろGoogle Docs&Spreadsheetsの利用者数がまだ200万人に満たない状況なので、とりあえずOfficeで大抵のPCをがっつり押さえているMSにはまだまだ強みがあるはずです。

    が、とりあえずLiveの悲惨な状況をなんとかしたいという程度だったら、あまり大した結果にはならないんじゃないかな…とも思います。特に反トラスト法の一件以降、良く言えばフツー、悪く言えば官僚的な組織になりつつあるMSなので、Yahooのリソースをちゃんと使いこなせるのかは微妙なところかと。

    個人的には、GoogleのDoubleClick買収と同様に欧州委員会がそう簡単に承認するとは思えないので事態をもう少し見守りたいのと、Yahoo!のデューデリ結果が昨春とそう大差なかったというのがちょっと興味深いところです( (リンク ») )。
    2008-02-03 23:30:16
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集