ビエラでYouTube、テレビ視聴に変化?

2008年1月15日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国で開催された家電展示会「CES 2008」において、グーグルと松下が提携を発表しました。インターネット対応プラズマテレビ「ビエラ」に、動画共有サイト「YouTube」とウェブアルバム「Picasa」にアクセスできる機能を搭載し、今春より北米市場に投入します。ユーザーはリビングルームにいながら、テレビ画面でYouTubeの動画やPicasaにアップロードした写真を閲覧できるようになります。パナソニックAVC ネットワークス社長の坂本俊弘氏は、「視聴者のエンターテインメントの選択肢が大きく広がるだろう」と述べていますが、今回の提携はテレビの視聴スタイルを変えることになるのか、またグーグルと松下双方にどのようなメリットがあるのか、パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 木村誠司
    木村誠司さん (株式会社ウェブシャーク 代表取締役CEO)
    まぁ、

    機能としては無いよりあったほうが・・・レベルかな。

    PCの欠点(というか我が家の欠点?)はソファーでくつろぎながら見れないこと。

    テレビとソファーはセットなのでのんびり映像を見るにはやはりTVがいい。そういう意味ではくつろいでネットの映像が見られるというのは今後期待していいかも。(イメージしづらいが)

    今後Youtubeの画質が上がれば解決するかなぁ。ハイビジョンテレビでソファーにくつろぎながらあの画質の悪い動画を見るのは今のところやりたくない。PCだから我慢できるんだ。

    GYAOでガンダム00見てると腰が痛いのよね〜・・・あ、座布団だからか。
    2008-01-16 13:15:06
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加