logo

ビエラでYouTube、テレビ視聴に変化?

2008年1月15日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国で開催された家電展示会「CES 2008」において、グーグルと松下が提携を発表しました。インターネット対応プラズマテレビ「ビエラ」に、動画共有サイト「YouTube」とウェブアルバム「Picasa」にアクセスできる機能を搭載し、今春より北米市場に投入します。ユーザーはリビングルームにいながら、テレビ画面でYouTubeの動画やPicasaにアップロードした写真を閲覧できるようになります。パナソニックAVC ネットワークス社長の坂本俊弘氏は、「視聴者のエンターテインメントの選択肢が大きく広がるだろう」と述べていますが、今回の提携はテレビの視聴スタイルを変えることになるのか、またグーグルと松下双方にどのようなメリットがあるのか、パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 藤代裕之
    藤代裕之さん (ブロガー)
    現状のYouTubeの画質やコンテンツの短さ、テレビの置かれるリビングのネット環境を考えれば、すぐに視聴スタイルが変わることは考えらない。グーグルにとっても松下にとっても将来を考えての提携と言えるだろう。

    一つ言えることは「通信(ネット)と放送(テレビ)の融合」は電波やケーブルという通信手段ではなく、放送局でもなく、デバイス側で行われるという方向性は確実ということだ。
    家電メーカーにとってはテレビを買ってもらえれば良く、コンテンツはテレビ放送に限らない。あらゆる生活シーンでユーザーにネットに接触してもらいたいグーグルにすればテレビは絶好の媒体で、例えばYouTubeをVODに位置付けることも可能だ(そうなればテレビ局じゃないかと言う話。今でも出来ることはあるが、そこはGoogleもいろいろ順序を考えているのだろう)。

    いわゆるお茶の間でのネットを提供するのがテレビなのか、ゲーム(任天堂のwii)なのか、PC(アップルTVやソニーのおひつPCなど)なのかは、分からない。

    Web2.0でもそうだが、変化の実感を伴うまでは時間を要する。多くの人にとってPCとテレビはまだまだ別メディアでしかなく、さらに配線など物理的な問題もある。なによりも、テレビでネットを使うにはリモコンがダメすぎる。しばらくは試行錯誤が続くだろうが、将来確実に「テレビ」というものが変わっていくだろう。
    2008-01-17 02:22:57
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集