ビエラでYouTube、テレビ視聴に変化?

2008年1月15日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国で開催された家電展示会「CES 2008」において、グーグルと松下が提携を発表しました。インターネット対応プラズマテレビ「ビエラ」に、動画共有サイト「YouTube」とウェブアルバム「Picasa」にアクセスできる機能を搭載し、今春より北米市場に投入します。ユーザーはリビングルームにいながら、テレビ画面でYouTubeの動画やPicasaにアップロードした写真を閲覧できるようになります。パナソニックAVC ネットワークス社長の坂本俊弘氏は、「視聴者のエンターテインメントの選択肢が大きく広がるだろう」と述べていますが、今回の提携はテレビの視聴スタイルを変えることになるのか、またグーグルと松下双方にどのようなメリットがあるのか、パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 高瀬徹朗
    高瀬徹朗さん (放送ジャーナリスト)
     あえて盲目的に(笑)放送寄りコメントをさせていただくと、
    「画質的に厳しいのでは」と思います。大型ディスプレイにYouTube画像とは・・・モノにもよりますが、かなりキツい画質となるでしょう。

     また、コピー制限が緩やかになってデジタルハイビジョン映像をアップできるようになり、かつそれが無断でYouTubeに出てくるようになると、折角緩みかけた制限論争が元の木阿弥になる可能性もあるでしょう。とりあえずそれが怖い。

     なんにせよ「コンテンツ次第」という部分に変わりはないでしょうから、いざ日本でも展開、ということになったら円満に進めるよう努力してほしいものです、とりあえず。
     
    2008-01-16 02:00:17
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加