logo

ビエラでYouTube、テレビ視聴に変化?

2008年1月15日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国で開催された家電展示会「CES 2008」において、グーグルと松下が提携を発表しました。インターネット対応プラズマテレビ「ビエラ」に、動画共有サイト「YouTube」とウェブアルバム「Picasa」にアクセスできる機能を搭載し、今春より北米市場に投入します。ユーザーはリビングルームにいながら、テレビ画面でYouTubeの動画やPicasaにアップロードした写真を閲覧できるようになります。パナソニックAVC ネットワークス社長の坂本俊弘氏は、「視聴者のエンターテインメントの選択肢が大きく広がるだろう」と述べていますが、今回の提携はテレビの視聴スタイルを変えることになるのか、またグーグルと松下双方にどのようなメリットがあるのか、パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 松村太郎
    松村太郎さん (ジャーナル・コラムニスト、クリエイティブ・プランナー、DJ)
    Panasonicのブランドとして、Googleが持っているネットアプリケーションをサポートする意味は大きいと思います、特に日本人にとって。

    1999年のi-modeが登場した瞬間のことを思い出してほしい。

    それまで「オンライン」になるためには、パソコンを用意して電話線をつなぎ、プロバイダに契約してDNSやアカウントを設定、そして「ピーガラガラ、ゴショ」という音を聴いてやっとつながった。

    しかしi-mode接続は、ケータイに用意されたiボタンを押すだけ。慶應義塾大学の小檜山賢二教授に言わせれば「通信屋がネットをやるとこうなる」、つまり受話器をあげれば電話がかけられる状態になるように、利用者の負担を最小限にするまでお膳立てするという意味合いだ。

    自由さはなくなるかもしれない。しかしそれが障壁になってユーザーがのびないよりは、まずネットに広がっている世界を体験できる方がいい。もっとやりたければ、TVやデジカメからPCへ端末を変えればいいだけなのだ。

    体験するかしないか、という壁を低くするという点で、PanasonicとGoogleの協業は評価すべきものだと考える。
    2008-01-15 11:21:11
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集